【芸術の冬だね〜】2月のおすすめ展覧会(イベント)前編

どうも!「ときどき美術館行ったりするよ」と言うと、
高確率でびっくりされる系の女、チナミです。

東京には数は負けますが、福岡はアートがアツい街。
全国を回る絵画の展覧会はもちろん、有名なアート展が開催されることもあるんです!
しかも、そんなに人が多くない!!

東京では大行列だった展示が、福岡ではスイスイ…なんてことが当たり前。
もっとみんな美術館デートとかすればいいのにな…と思います。
(福岡は意外とデートスポットがないのですよ…!)

ということで、今回は2月に福岡で開催される、展覧会情報をまとめてみました。

▼ もくじ
・門司港蚤の市 古物・骨董
・ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 大様式の形成と変容
・ネコの矜持~Proud of Cat~

 

■ 門司港蚤の市 古物・骨董

こちら開催が、せまる2月1日!(ギリギリ!)
3月にも開催予定ということで、わたしもどちらかの日程でいきます。
赤煉瓦のレトロな雰囲気と海がまた、た〜まらんのが、門司の魅力なのです。
(あ、行かれた際は、唐戸市場でお寿司をたべて帰るのを、お忘れなく!)

会場

門司港 蚤の市
日程:2019年2月1日(土)、3月7日(土)
時間:09:00〜15:00
会場:門司港レトロ中央広場 入場無料
公式サイト

■ ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華 大様式の形成と変容

17世紀の古典主義、18世紀のロココ美術、19世紀の新古典主義、ロマン主義を経て印象派誕生前夜までという、フランス絵画がたどった魅力あふれる3世紀を一望できます。フランスのルーヴル美術館、オルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿美術館、イギリスのスコットランド・ナショナル・ギャラリーやドイツのベルリン国立絵画館及び東京富士美術館などから油彩画の傑作69点(うち17点は日本初公開)を集めました。

福岡を代表する観光地、太宰府天満宮からすぐにある、九州国立博物館。
館内ロビーではコンサートをしていることも多いですし、1日中たのしめること間違いなし。
かえりは梅ヶ枝餅を食べながら、夕暮れの参道を歩いて帰るのも、またグッッッッッッッド・・・

会場

九州国立博物館
日程:令和2年(2020年)2月4日(火)〜3月29日(日) ※月曜休館日
時間:日曜日・火曜〜木曜日 9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
観覧料:一 般 1,600円 ※夜間割引もあります!
公式サイト

■ ネコの矜持~Proud of Cat~

森永健一さんとは☞福岡を拠点に活動している猫写真家であり、ブライダルカメラマン。愛称はモリケン。福岡の新宮町にある猫の島・相島など九州の島々を中心に各地で出会った、猫たちの愛くるしい表情や躍動感あふれる写真をたくさん撮られています。

2月22日(ねこの日)と23日にはトークショーも開催。
猫好きは、いくべし。

会場

旧福岡県公会堂貴賓館2F
日程:2020年1月21日(火)~2月24日(月)
時間:9時~18時(最終受付 17時50分まで) ※月曜日休館(月曜が祝日の時は翌日)
入館料:大人200円 子供100円 ※6歳以下・65歳以上無料
公式サイト

前半はここまで〜
おでかけのあとは、手洗いうがいを忘れずに〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Chinami

就職で福岡にUターンした女24。よくいる場所は、大名の古着屋。 ラブ:居酒屋ランチと大盛りラーメン。夜中に見るお笑いとゲーム実況。